人気のカラコンを付けてオシャレ度をグンとあげよう

おしゃれに不可欠です

目

医師の診断が必要です

カラコンは新しいメイクアップとして、10代から30代を中心に不可欠になっています。人前で化粧を落とすことが恥ずかしいと感じるのと同様に、人前では常時カラコンを装用しなければ恥ずかしいと感じる人が増えてきています。人気のカラコンを装用することで本来の自分とは違う一面を演出をすることができます。人気の薄めのブラウンカラーはハーフタレントのように綺麗なブロンズの瞳に変身することができ、ファッションの幅を広げる事もできます。最近では人気モデルなど、芸能人がプロデュースしているカラコンもあり、なりたい芸能人に憧れを抱きカラコンを装用するケースもあります。コンタクトは角膜の上に載せるために、選定を間違えると角膜に傷が付いたり、視力に悪影響が出る場合があります。厚生労働省ではカラコンを高度管理医療機器として認可して、国から許可を得た業者のみが販売できます。初診や久しぶりに装用する場合などは眼科医の診断が必要になります。角膜の形状をケラトメーターで測定し、自分の角膜の形に合ったカラコンを選定する必要があります。また、人気のカラコンでも中心厚が異なっているために装用感が変わります。レンズの厚みは薄いと酸素を通しやすくなり、装用感が向上します。数日手入れが必要なカラコンはこすり洗い時に傷を付けないよう注意が必要です。視力が悪い人でも度付きのものや乱視矯正用のものも開発されているため、視力矯正と共にファッションアイテムを楽しむことができます。